結婚式の引出物の選び方

最近では小さな結婚式や手作り式の結婚式が注目されています。以前に比べ、大規模な結婚式よりも小さくオリジナリティにあふれた結婚式をやりたいと思う方も多いはずです。

hikidemono

色々なタイプの結婚式が出てきていますが、共通して必ず必要になるのが引出物。皆さんの結婚式へ参加してくれた友人や知人、上司など。お礼の気持ちを込めながら、こだわりたいという人もいるかもしれません。一方で、注意しないとマナー違反になってしまう可能性もあります。結婚式の準備をすすめる皆さんのために結婚式の引出物の選び方と定番品を幾つか紹介したいと思います。

結婚式の選び方ポイントは5つ!

1.地方の伝統・しきたりを確認しよう
結婚式の引出物は、通常記念品と引き菓子という組み合わせが一般的です。

ですが、地域によっては赤飯が必要な場合や引き菓子が不要な地域などがあります。例えば新潟では「籠盛」「松の葉」と呼ばれるようなものを付けることが一般的だったりします。

両親や式経験のある知人、ウェディングプランナーに地域のしきたりがないか確認してみましょう。

2.親の意向も汲み取ろう
一般的に結婚式はお父さん、お母さんも主賓側になります。必ず両親の意向も汲み取るようにしましょう。

もし皆さんの引出物に万が一粗相があった場合は親も影響を受ける可能性もあります。あなたが知らない親戚が抱く嫌なことも確認できることがあるので必ず親の意向も確認しましょう。

3.参加者を見て嫌悪感を抱かれる可能性のあるものは避ける
皆さんが招待する予定の参加者を想像し、相手を嫌な気分にさせる可能性があるものがある場合は気をつけましょう。

例えば、伝統を重んじる方や歳を重ねた方が多い場合、割れるというイメージのあるグラスや、選ばせるという意味合いにもとられるカタログギフトは嫌がられる可能性もあります。
また、手作り品は潔癖症の人には避けたほうがいいでしょう。趣味に走り、一般的な日常に使い勝手が悪いものも避けておきましょう。

お祝いの席の贈り物ということを念頭に置き、受け手側の立場に立って選んでいきましょう。

4.商品券などは基本的にNG
相手の立場に立つのであれば、商品券がいいかもしれない……と思うかもしれませんが、商品券は基本的にNGです。

商品券はお金という意味合いが強く出てしまいます。お仕事の取引先や上司、学校時代の先生など一般的に目上の方が参加する場合、
目上の人にお金を贈るような形に見えてしまい、失礼に当たる可能性が高くなります。

5.種類を用意するのもあり! 大きさには気をつける
友人や親族が揃い、年齢層が幅広い場合は引き出物を相手に合わせていくつかパターン用意するのもおすすめです。
ただし、贈り分けする場合、引き出物の大きさは統一するようにしましょう。

王道的な引き出物

カタログギフト
近年では主流になっているとも言える贈り物です。
一昔前は種類に偏りがあり、マンネリ化から嫌悪を抱く人もいましたが、近年では物品型に加え、普段では体験できないようなこと(会食やゴルフツアーなど)を体感できる体験型のカタログギフトなども登場し、年配の方でも喜ばれるようなものが登場しています。

結婚式の引出物に特化したカタログギフトや結婚式向けのカタログギフト特集を組むネットショップさんを利用するのもおすすめです。

■結婚式の引出物に特化したウェブショップさん


2.日用品 | グラスやキッチン用品
家族のいる方や割れ物に対してこだわりが無い方には日用品・グラスなどがおすすめです。
グラスなどは重いですが、最近ではご自宅配送まで手続きしてくれる引き出物サービスを実施しているウェブショップさんもあります。

■引き出物の配送サービスも実施しているウェブショップさん


3.革製品
年齢が高く、割れ物やカタログギフトといったものに嫌悪感を抱きそうな年配の男性には革製品もおすすめです。本を読む方などには革製のブックカバーなども知的でおすすめです。

4.アロマキャンドル
若い独身の友人が多い場合などはアロマ系のグッズがおすすめです。
おしゃれな雰囲気を出すこともできます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ