ランニングシューズの選び方

ランニングブームやスポーツジムの繁栄により、運動を始めた人も多いんじゃないでしょうか。そんな運動に役立つのがランニングシューズです。手頃な値段のものから、高額な商品まで、様々なランニングシューズが登場しています。

実は、ランニングシューズにも色々な種類があるのご存じですか?
見た目や重さ、履いた時の感覚だけで選んでいませんか?

運動を始めたばかりの初心者、大会にもちょくちょく出るような中級者、
大会でスピードを本格的に意識した上級者ごとに選ぶべきポイントも違います。

今回は、各レベル別にどんなランニングシューズを選ぶべきなのか、
その選び方を紹介していきます。

スポンサーリンク

軽いのはNG? 初心者に最適な重いランニングシューズ


まずいちばん最初に健康目的で走り始めた人や、体力維持のために持久走などを行う、
スピードよりも継続などを求めている人。

運動を始めたばかりの人の場合、「重いと負担になるから……」という理由で、
軽いランニングシューズを選んでいませんか?

初心者やトレーニング目的だけの人は、軽さよりも重視して欲しいランニングシューズがあります。
それが、クッション性を重視したクッション系ランニングシューズです。

ランニングシューズには、ヒール部分にクッション性のあるものを導入しています。横から見るとエアーのようなものが見えたり、裏面から見ると特殊な素材が見えたりします。

これらのクッション性は反発性素材や足を中心から安定させるような仕組みが導入されているため、腰や足に負担をかけなくするような仕組みが導入されています。この仕組みにより、重くなってしまっているのです。

体力を整える目的やマラソンを始めたという人の場合は、このクッション性を重視したことにより少し重くなっている「クッション系ランニングシューズ」を選びましょう。

中級者の限界アップにも役立つトレーニングタイプのシューズ


走るのに慣れてきて、大会やタイムを意識している人にとっては、トレーニングタイプのランニングシューズがお勧めです。
クッション材が入っていながら、軽いモデルはこのタイプが多いです。これはクッション系タイプのランニングシューズよりも足への負担部分の素材を抑えることで、軽くして走るタイムを追求できるような仕組みになっています。

少し運動をステップアップする場合や、大会の本番用シューズとして本番数日前から活用してみるなどがいいでしょう。

レースに特化し、負担軽減を省いたプロモデル


レースなどで本格的にタイムを出したい上級者は状況に合わせてレース系モデルのランニングシューズを使いましょう。
レース系のランニングシューズは無駄な素材を全て外し、とにかく軽さを追求しています。そのため、クッションのような負担軽減を目的とした素材も全て外されているため、スピードは出るけど腰や脚への負担が大きいという面もあります。

特に長距離に慣れば長距離になるほど、負担軽減の有無が響いてきます。あくまでレース向けにスピードを伸ばしたい場合や陸上部の学生さん向けのシューズです。

意外と気を付けなければいけない基本の靴選びポイントも意識する


加えて、基本的な靴の選び方もしっかりと意識しましょう。ランニングシューズはこのポイントもしっかりと抑えて選ばないと、負担がより大きくなってしまいます。

まず履いた時の指先の動かし方、かかとのフィット感を確認しましょう。また足首や指先が自在に動かし易いもののほうが運動には向いています。
水などを飲み過ぎてむくんでいるときなどはNG。午後は脚がむくみやすいので、午後に買いに行くといいと思います。

また、レースや練習ではくソックスなどもあるなら、履いて確かめましょう。ソックスの厚みで少し違和感を感じることがあります。加えて、左右履くことも大切。人間は左右で靴のサイズが変わることもあります。

ここまで確認できたら最後、実際に履いて靴紐をしっかりと結び、試着して少し歩いてみましょう。履き心地が良ければ、相性が良い可能性大です!

メーカーや状況によって大きく変わるランニングシューズ。
可愛いモデルやカッコイイモデルも多く、値段もピンきりですが、
一時期の気の迷いでいい加減に決めてしまうと、
怪我に繋がる可能性もあります。

しっかりとポイントを抑え、正しいランニング時ューズを選んでいきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ