とりあえず筋トレ! 定番トレーニング器具と選ぶポイント

トレーニングをやろうと思った時、
あまり慣れていない人でも「ダンベル」や「バランスボール」など、
定番と思うトレーニンググッズがあるかと思います。

今回はとりあえずトレーニングをやろう!
と思った人に役立つ、定番トレーニング機器と選ぶ方を紹介していきます。

ダンベルやエキスパンダーの選び方

体育会系の部活に入っていた学生頃にお世話に、
なったことがあるだろう、ダンベルやエキスパンダー。

体育会系のマンガでもよく登場しますよね。

ダンベルには固定式のもと調整のできるプレートで
できているものとがあります。

固定式のものは、持ち上げてこれぐらいがいいと思える重さを選びましょう。
あまり重いものなどを買ってしまうと炒める原因になります。

調整のできるダンベルはと言うと重さを変える事ができます。
プレートごとに重さが違うので20kgのものだと大体5kgから
20kgに調整ができるものが多いです。

調整式・固定式を2つ購入し。両手に持って運動をしていきましょう。
調整式の場合、プレートが他のトレーニングに活用できることもあります。

エキスパンダーは、金属性とゴムチューブを引っ張るのとあります。
豪快に、胸を厚く腕をきたえるならスプリング式を使うといいと思います。
スプリングと持ち手をはずして強さを調整できます。

ゴムチューブ

ゴムチューブのほうは、ストレッチや準備体操のほかお年寄りや
力の余りない小さなお子さんから女性に幅広く使うことができます。

そのため、あまり力がない人や他のトレーニングを行う際に
活用するとかなりいいでしょう。

低価格のものは100円ショップでも購入できますが、
本格的なトレーニングを行うのであればスポーツショップで販売されている
ゴムチューブがおすすめです。

選び方としてはグリップの有無、グリップの持ち安さも意識しましょう。
筋力の強い方や手足を本格的に鍛える方は長さも意識して選びましょう。

バランスボール・バランスデスク

次に、バランスボールとバランスデスクといったバランスをとることで
トレーニングを行う機器も手軽でおすすめです。

室内で使用可能な範囲での使用、
丸いボールに乗ったり座ったりでバランスをとるのと腹筋や背筋または
腕や足の筋肉などをスローな動きによって鍛えることができます。

単純な動作で鍛えるため、テレビを見ながら、
デスクワークをしながらと言った「ながら運動」ができるのが大きな特徴です。

バランスボールは、大小ありますので、自分にあった大きさを選びましょう。

ディスクの場合、無理なくバランスを保ちながら足や腰、また全体の筋肉をゆっくり無理なく鍛えます。電車でたってるときのぐらつきや普段の姿勢の矯正にもいいかと思います。

腹筋台

ワンダーコアなど、腹筋をサポートするような装置を「腹筋台」と言います。
(腹筋マシン、トレーニングベンチと呼ばれることもあります)

腹筋台は腹筋運動の起こす動作が苦手な人が特に活用したい機器です。

固定式と調整が可能なものがありますが、基本的には調整が可能なものを選びましょう。
腹筋運動は最適な角度で運動しなければ、しっかりした動作につながらず、運動効率が下がってしまう可能性もあります。調整式にし、合う角度に調整・自分のレベルに応じて微調整できるものにしましょう。

なお、腹筋台は背筋台として活用できるものもあります。また、ダンベルや
エキスパンダーと腹筋台を組み合わせると無理なくトレーニングもできます。

バランスボールやディスクをするときの支えにもなるため、一台あると
意外と他の運動と一緒に組み合わせて使用することができたりします。

 

 

トレーニングというと、ジムという発想の人が多いかもしれませんがジムは
お金がかかります。

ある程度体力がない時点でジムに行ってしまうと、運動以前の前に
力尽きてしまう可能性も大いにあります。

ジムやフィットネスでトレーニングを検討している方も、
ジムに行く前に多少筋肉をつけていくのもおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ