テニスラケットの選び方

最近ではテニス場なども増えていて、レジャーの一つとして
テニスを行うことも増えています。

その一方で、初心者とかの場合は
「デザイン」とかだけで選んでしまい、あとあと自分に合っていないことに
気付いてしまった! なんて方も多いかも。

プレイにも関係してくるラケット。
しっかりとポイントを抑えて、あったものを購入しよう!

スポンサーリンク

1.丸顔?膨らみ顔? プレイスタイルにあった形を選ぼう

ネットが張ってあるフェイス部分は、プレイスタイルによって
しっかりと選ぶ必要があります。

一般的にテニスラケットを考えると、卵を平面に見たような丸型を
イメージする人が多いかもしれません。

実際にスポーツショップにいくと、四角いような形のラケットや
ちょっと先端部分が広いものなど、様々な種類があります。

四角型や丸型はスイートスポット……いわゆるボールが効果的に討てるような
真芯部分が多いと言われています。

楕円や一方が広がっているような形のラケットでは、
変化がつけやすいので、スピンを掛けた小技の聞いたショットが狙えます。

初心者であれば、丸型を選ぶのが無難で、プレイスタイルがしっかりと
してきたら、特殊な形を選んでいきましょう。

2.顔の広さは良さと悪さの両面が!

ネットの掛かるフェイス部分の形の次は、大きさも重要。
面の大きさが大きければ大きいほど、真芯部分であるスイートスポットも
広くなります。

また、ネットプレイとかの場合は当てるだけでも大きく跳ね返りやすいので、
ネットプレイ主体の場合は、大きめのほうがいいかも!

反面、大きいと空気抵抗があって細かい調整が大変です。
小さいと細かい動きも可能なので、ブレが少なく、狙った動きを取りやすいので、
コントロール重視の方なんかにはオススメです。

3.胴は手とマッチさせよう!

ラケットの手を持つ部分、いわゆるグリップ部分の太さもまちまち。

基本的には手に合った大きさがオススメ。
少し太めならしっかりと握ることでパワーを付けた振りの威力が強くなります。
反面、常にしっかり握らなきゃいけないので、握力が必要です。

細めだと、握りやすいけど力が分散しやすく、全快に打っても100%の
威力を出しきれない場合もあります。

尚、太さはグリップテープを利用して太く調整することも可能なので、
迷ったら細めの方を選ぶようにしましょう。

4.意外と重要な重さ。強さ以外にも着目を!

ラケットには重さもまちまちです。

重ければ重いほど強力な一撃が見込めますが、
重すぎるラケットを使用すると、疲れが異常にたまったり、
腱鞘炎に近いような状態になってしまうこともあります。
(特にお子さんとかだと、疲れてラケット落として足にケガ……なんてことも?)

重いと思ってしまうような重さは出来るだけ避けるようにしましょう。
お店とかなら、実際に軽く振って見るのもお勧めです。
(もちろん、店員さんに許可を取ってから試してみましょう♪)

良いラケットは自分の実力・プレイスタイルで選ぶべし。重さ・形・掴みどころを見るべし!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ