【保存版】 2015年版 クリスマス・お正月にニンテンドー3DSを買うならどれがいい?

クリスマスや正月も近づき、年末年始に遊ぼうと思っている
人も多いかと思います。

そんな時に目につくのは『ゲーム』ですよね。
スマホ系ゲームも最近では人気が高くなっていますが、
この時期、ゲーム機も新作豊富なため、
ガッツリと遊ぶのであれば、ゲーム機もオススメです。

そんなゲーム機の中で高い人気を誇るのが
任天堂さんから出ている『3DS』です。

あなたもお子さんや親戚の小さい子から
せがまれている可能性もあるのではないでしょうか?

しかし、ネットショップなどで見ると、
3DSと言っても色々な種類が出ています。

今回は2015年クリスマス~2016年正月に3DSを買おうと思っている
みなさんでも、どの3DSを購入すればいいのか。

最新版の情報を紹介していきたいと思います。

最新機種はNewニンテンドー3DS・Newニンテンドー3DS LL


まず、クリスマスプレゼント用や年末年始の自分用として、
お金を関係なく最新シリーズを購入したい人は
『Newニンテンドー3DS』『Newニンテンドー3DS LL』の
2機種が最新機種になります。

Newニンテンドーシリーズは、後述の3DSシリーズに改良が加えられている
ような機種となっており、基本的には改良が加えられている機種になります。

また、別売りのきせかえプレートを購入すると外側のデザインを
大きく変化することが可能。

Newニンテンドー3DS専用のソフトも登場してくるため、
これから長年使うつもりの場合や、友達などが持っているという理由で
購入を行う場合は、Newニンテンドー3DSもしくはNewニンテンドー3DS LLの
2機種どちらかをオススメします。

Newニンテンドー3DS・Newニンテンドー3DS LLの違いは画面サイズ


んっ、LLって言うのは何……?

Newニンテンドー3DSには『Newニンテンドー3DS』と
『Newニンテンドー3DS LL』があります。

Newニンテンドー3DS LL パールホワイト

新品価格
¥19,290から
(2015/12/7 11:07時点)

New ニンテンドー3DS ホワイト

新品価格
¥16,474から
(2015/12/7 11:07時点)

この2機種の大きな違いは主に「画面サイズ」です。
3DS LLの方が画面が一回り大きいため、アクションゲームのような
ダイナミックなゲームをプレイするのにはLLの方が向いています。

ただし、画面が一回り大きくなっているということは、
本体の大きさも大きくなっているということです。
そのため、持ち運びという点では、無印の「Newニンテンドー3DS」が
良い場合もあります。

社会人の方や大学生さんなど、時間がなくて移動中のゲームが
中心になる恐れがある人は、持ち運びのことを考えて
「Newニンテンドー3DS」を選びましょう。

家でのプレイが中心になる場合は「Newニンテンドー3DS LL」を
オススメします。
(なお、LLの方が少し値段が高いのでお値段で選んでもいいかと思います)

3DSからNewへ買い替えを検討中の場合の注意点


もしかすると3DSが壊れてしまったために、この冬買い換えるという
人もいるかもしれません。

そういった場合に「Newニンテンドー3DS」シリーズを購入する場合は
3点ほど注意点があります。

まず1点目がセーブの移動についてです。
3DSで登場した話題作であるモンスターハンタークロスなどは
本体にデータが残る場合もあるため、
『ソフトとデータの引っ越し』を行う必要がある場合があります。

その場合、3DS・3DS LLから「Newニンテンドー3DS」シリーズへの
引っ越しが出来ますが、「Newニンテンドー3DS」から3DS・3DS LLへの
引っ越しはできません。

参照:ニンテンドー3DS/3DS LLからNewニンテンドー3DS/New 3DS LLへの引っ越し(任天堂HP サポート)

そのため、「Newニンテンドー3DS」シリーズへ買い換えてセーブデータを
移した場合は、3DS側へ戻すことができなくなります。

「Newニンテンドー3DS」シリーズに買い換えた場合は、
今後また新しく買う場合など「Newニンテンドー3DS」シリーズを
購入しなければいけないという点だけは注意しておきましょう。

2つ目が画面サイズについてです。
3DSから「Newニンテンドー3DS」へ買い替えを検討されている方は
画面サイズが少し大きくなっています。

そのため、LLに買えなくても少し画面が大きくなっているので、
ちょっとだけ画面を大きくしたい場合などは無印の「Newニンテンドー3DS」を
購入するのもありです。

3つ目はSDカードについてです。
3DSではSDカード対応でしたが、「Newニンテンドー3DS」では
microSDHCという、小さなメモリーカードに変更されています。
(microSDHCはスマホなどでよく使われているものですので、
電気屋さんなどでよく見かけるものです)

もし、3DSから買い換える場合は記録メディア(SDカード)も
買い換えなければいけないので、注意しておきましょう。

値段を重視する場合 旧機種の3DS・3DS LL


ここまで最新機種の「Newニンテンドー3DS」を紹介してきました。

しかし、試しに購入する場合や買い替えの場合は
旧機種である3DS・3DS LLの方がオススメの場合もあります。

3DS・3DS LLは「Newニンテンドー3DS」の旧機種となり、
大きな違いとしては

・「Newニンテンドー3DS」専用ゲームができない
・きせかえプレートがない
・画像処理などの本体性能が落ちる

の3点です。

2015年12月現在では、「Newニンテンドー3DS」専用ソフト自体が
あまり登場していないため、2015年冬時点ではゲーム面に大差はありません。
(ほとんどの人気作品は3DS、3DS LLも対応しています)

また、きせかえプレートはありませんが
オプションでシールやケースは販売されているので、
シールなどを使って自分で本体を装飾することは可能です。

そのため、コロコロとデザインを変えない人や
根本的にデザインに興味ない人は、デザイン面も大きな違いはないでしょう。

3DS-001
▲市販のシールを使うことで、普通の3DSも上記のような装飾もできます

そうなると、残るは本体性能の違いだけです。
こちらも遊ぶだけでこだわりがなければ、そこまで大きな違いはありません。

3DS・3DS LLは「Newニンテンドー3DS」の登場により
価格が一回り落ちてきているので、完全に自分用等であれば、
値段の落ちている3DS・3DS LLを検討しましょう。

なお、無印とLLの違いは、画面サイズの違いが大きな違いです。

少しでも3DSを安く買う方法と注意点


ここまで、現在販売されている機種について紹介してきました。
ですが、ゲーム機は高い商品でもありますので、
少しでも安く!という方も多いかと思います。

最後に、少しでも安く3DSを買いたいという人のために、
購入するポイントを紹介するとともに、
デメリットがある場合もあるので、その点を紹介したいと思います。

種類によってはお得! 限定モデル


任天堂さんが出しているゲーム機には、
ゲームとコラボした『限定モデル』がよく販売されています。

限定モデルはモデルによって異なりますが、
『ゲームソフトが同梱』されている場合もあるため、
本体単体より高いけど、ゲームソフトと一緒に買うよりは
やすいという場合もあります。

気になるゲームソフトの限定モデルが出ている場合は
ソフト付きかどうか限定モデルもチェックしてみましょう。

また、人気がないゲームソフトの限定モデルは
安くなる傾向もあります。

うまくすると、限定も出るというだけで値落ちしている
場合もあるため、デザインを気になさらない方は
限定モデルをあえて検討するのもオススメです。

3DS-002
▲上記はスーパーロボット大戦UX限定モデルの3DS。SRCという文字が特徴的。同モデルはあまり人気が出なかったこともあり、店によってはソフト付きながら3DS LLと同じぐらいの値段で売られている場合もある

定番の中古品は消耗にも注意


定番の中古を検討するのもありです。
中古品の場合、一回り値段が下がっていることが多いので、
うまく状態のいいものを手に入れられれば、
お得に購入できる場合もあります。

ただし、3DS・Newニンテンドー3DSについている
『アナログスティック』は消耗品です。

モンスターハンターシリーズなどのアクションゲームで
『アナログスティック』を使いまくっていると、
劣化してしまい、

・『アナログスティック』の反応が悪くなる
・『アナログスティック』自体が折れる

という可能性が出てきます。
アナログスティックの交換が必要になった場合は、
数週間の修理期間&数千円の修理費用がかかる可能性があります。

ネットなどを見ると、非公式品を使って交換する方法もありますが
失敗するとDS本体が壊れる可能性があります。
(余談ですが、管理人自分で交換したことが原因で、本体壊したことありますw)

そのため、アクションゲームをコアにプレイしようとしている人は
新品の購入をオススメします。

また、中古品でアクションゲームの限定モデルを購入する場合は
『アナログスティック』が劣化している可能性もあるということも
加味しながら、検討しましょう。

最後に・・・プレゼントであれば最新ゲーム機を


今回は3DSシリーズについて買い方・選び方を紹介しました。

あまり大きな機能も2015年冬時点ではないので、
旧機種を選ぶのも一つの手だと思っています。

ただ、基本的になりますが、
プレゼント目的であれば、最新機種の「Newニンテンドー3DS」を
オススメします。

お子さんであれば、古い機種を購入したことで、
もしかすると欲しかった機種と違う!という問題が起こるかもしれません。

知り合いや恋人へのプレゼントであれば、
「ケチった!」と思われるかもしれません。

もちろん、SDカードの違いやセーブデータの以降など、
買い替えによるデメリットもあるため、書い換えの場合は
相手とのコミュニケーションも重要です。

ただ、新しく買う、もしくは相手の状況がわからないのであれば、
「Newニンテンドー3DS」シリーズをオススメします。

プレゼントとかの場合は注意してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ